« 早くエーヌから脱却しろ  | Main | 試合時間が‘2時間台’っていつ以来? »

Jul 01, 2005

雨音はショボ~ンの調べ

T|000 031 000|4

B|120 002 00X|5

1日 7回戦(横浜) ベイスターズ 2勝4敗1分

勝:加藤 3勝3敗 負:橋本 2勝2敗1S S:クルーン 1勝12S

本塁打:石井4号(一回・打点①=下柳)
     金本20号(六回・打点①=土肥)
     相川5号(六回・打点②=橋本)


先日、空梅雨だとか言ってたら大阪もようやく梅雨らしい空模様に。
しかし本格的に降ったのは夕方から数時間だけで、すぐにやんでしまった。
これでは水不足解消とはいかないだろう。
横浜も昼間は結構な雨量だったらしいが、試合開始時刻が近づくにつれて雨雲も去っていったらしい。
連敗中のベイスターズ陣営は正直、中止になってほしかっただろうが。
首位チームの勢いが雨雲を吹き飛ばしたのだろうか。

それでラジオを聴いていると赤星の肋骨が実は折れていた!そうな。
実際はヒビが入っていたそうだが、なかなかレントゲンでも見つけにくい箇所らしい。
ずっと痛そうなそぶりをしていたからねぇ・・・。
打撲でも内臓までダメージが達してるんじゃないかと心配はしていたが。
本人も「ここまでずっとやってきたから休むつもりはない」と言ってるが、ムリだけはいかんよ。


6月3日のマリーンズ戦から7カード連続で初戦をものにしているタイガース
勝負の6月を大きく勝ち越せたのも、3連戦の初戦を確実に取れたことが大きな要因となった。
月が変わってもその流れを維持できるか。
まず下柳が先陣を切る。

防御率からみれば先発陣の中で最も安定している下柳だが、ここ数試合は序盤から失点するケースが観られ、開幕当初の勢いもやや薄れてきたか。
実際、5月30日のイーグルス戦で6勝目を挙げて以降、ひと月間白星から遠ざかっている。
交流戦がらみで日程が変則になり、登板間隔が空いた影響もあるが、そろそろここらで勝っておきたい。
その立ち上がり、先頭の石井に対し変化球を3球続けたその3球目が甘く入り、先頭打者アーチとなる右越ソロをいきなり浴びる。
パッと観た感じとして、軸足が棒立ちというか充分体重が乗らないうちに投げるような雰囲気。
気のせいかもしれないけど、調子のいい頃はもっと重心が低くてフォームにも粘りがあったような気がする。
少しお疲れ気味?

二回にも一死から村田に四球、相川に左越二塁打とまたピンチを迎える。
土肥が倒れた後、先ほど一発を食らった石井を追い込みながらシュートを左前2点適時打される。
易しいコースではなかったが、ボール球を振らせて打ち取るのが身上だけにコースに入ってしまったぶんうまく打たれてしまったか。
石井ひとりにやられた形で3失点・・・一番乗せたくない打者だけに辛い。
それでも三回以降はなんとか調子を取り戻し、五回には先頭の投手・土肥への四球をきっかけに一死・満塁のピンチを作るが、何とか乗り切って5イニングを被安打・6の3失点
まぁこんなものといえばこんなものだろうけどねぇ・・・。

ベイスターズ先発・土肥といえば、前回ジャイアンツ相手に完封勝利
左右に揺さぶって打たせて取る下柳によく似た感じか。
やはりG相手に好投したのもうなずける。
トラ打線も初回に鳥谷が左越二塁打を放つが、以降は四回まで11人連続で凡退とすっかり土肥ワールドにハマってしまった。
特に三振を取れるような球があるわけでもなく、投球回数と同じくらいの被安打を許しながらも低めに丁寧に投げるタイプ。
ただ、球を長く持てるフォームなので、打者からすればタイミングは取りづらいだろう。
いかに手元まで引き付けて中堅から逆方向に打てるか。
それを実戦したのが五回の攻撃。
先頭の今岡が低めの球を見極めて四球
やはり白星のかかったイニングだけに、土肥も少し意識があるのか。
続くスペンサーが初球を右中間に運ぶ二塁打でチャンスを広げる。
矢野が倒れたあとスタメン二塁の8番・関本が内めのスライダーにうまく体を回転させて左翼線への2点適時二塁打
そして下柳も高いバウンドの遊安打で続き(関本もよく三進した)、赤星が痛む肋骨に耐えながら根性で中前適時打を放ち、一気に同点へ。
続く鳥谷の二ゴロが野選を誘って一死・満塁の大チャンス。
ここで土肥も降板か・・・と思いきや、一塁ベンチは動かず続投。

打席はシーツだが、ここまでの土肥との対戦を観て正直右投手に替わってくれと思っていた。
土肥に対して引っ張りにかかっていたので、術中にはまりそうな予感がしたからだ。
「何とか犠飛でも・・・」の願い空しく、打球は遊ゴロ併殺打と最悪の結果に。
一気に勝ち越せるムードが一気にしぼんでしまった。

それでも六回には金本にバックスクリーン直撃のソロが飛び出して勝ち越しに成功。
つながりが身上のトラ打線だが、こうやって個人技でも点をもぎ取れる強さ。
一死からスペンサーが四球で歩いて土肥がとうとう降板、加藤にスイッチ。
その加藤から矢野が左中間に二塁打、二死後に下柳の代打・浜中も四球でまた満塁
ここで一打出れば勝負が決まる場面で打席は赤星が立つが、三ライナーに倒れてまたも流れをつかみきれない。

その裏から必死の継投を目論むタイガースはマウンドに橋本を送る。
しかし、二死・二塁の場面で8番・相川への初球、シュート回転した真っ直ぐが真ん中へ・・・。
来た球を素直に振りぬいたような相川の打球はトラ党の陣取る左翼席へドスン。
結局この逆転2ランが決勝点となってしまった。
試合後の談話で岡田監督も激怒していたが、確かに不用意な一球といえる。
ただ橋本を責めるのは酷というもの。
そりゃ打たれることもあるし、ここまでの登板数を考えても新人ながら素晴らしい内容を見せてくれている。
これも経験だ。

これ以降はホルツ川村クルーンの継投の前に打線が沈黙し、4ヶ月連続で月初め黒星スタート
守護神としてのクルーンとは初対戦となるが、あの投げ方で159㌔を出せるのだから相当地肩が強いんだろう。
球の出どころが観にくい感じでもないので、バットには当てることは可能だろうがやはり打ち返すのは苦労するだろう。
出来れば土・日は彼が出てくるような展開に持ち込ませないようお願いしたい。


他球場の結果

G 3 ― 0 C

S 4 ― 8 D

M 6 ― 1 L

E 中止 F

|

« 早くエーヌから脱却しろ  | Main | 試合時間が‘2時間台’っていつ以来? »

Comments

クルーンですね。
江草ある意味凄かったです・・。
コバスコ菌感染か?

Posted by: りさふぇるなんです | Jul 01, 2005 at 09:58 PM

りささん、こんばんはです。
やっと雨です(苦笑)。


>江草ある意味凄かったです・・。

あの役者っぷりは井川から教わったに違いない!
気をつけろッ(笑)!

しかし、ピンチにならんと本気出さないってゆーか、開き直れないヤツが多すぎません?

Posted by: Tigertail@なんか疲れている管理人 | Jul 01, 2005 at 11:13 PM

劇場系役者型投手多いですね(笑

井川に江草にジェフに久保田・・・

Posted by: shu | Jul 02, 2005 at 09:48 AM

shuさん!何とか‘勝ち越し’頼みます!!


>劇場系役者型投手多いですね(笑

なんかこぅ・・・「魅せる投球」の意味をはき違えてる連中が多いような・・・(笑)。
役者どころか「演出家」も兼業してる感じですし。

監督もまとめるのが大変でしょうねぇ(苦笑)。

Posted by: Tigertail@なんか疲れている管理人 | Jul 02, 2005 at 02:17 PM

Outstanding story there. What happened after? Thanks!

Posted by: minecraft | Sep 12, 2014 at 12:59 AM

It is perfect time to make some plans for the future and it's time to be happy. I have read this post and if I could I desire to suggest you some interesting things or suggestions. Perhaps you can write next articles referring to this article. I wish to read more things about it!

Posted by: chevy silverado seat covers | Nov 05, 2014 at 08:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67358/4787649

Listed below are links to weblogs that reference 雨音はショボ~ンの調べ:

» ひ〜やん、誕生日を白星で飾れず! [まどかだでぃ]
今日は7月1日。そう、桧山(と僕)の誕生日。ひ〜やんには誕生日を祝う活躍を期待したいところ。さぁ今日のライトは・・・、スペ?ん?あれれ?今日はスペンサー???なんでやねん、岡田はん!!たとえ横浜の先発が左の土肥やとしても、今日は桧山やろ!!!うぬぅぅぅぅ... [Read More]

Tracked on Jul 01, 2005 at 09:30 PM

» 阪神vs横浜 4−5 阪神敗れる(-.-) [ダイナマイトmasaブログ]
雨が心配だが今日も勝利を目指して4連勝と行きましょう! 今日の先発 阪神=下柳 横浜=土肥で始まりましたが・・・ 1回の裏、横浜先頭の石井に3球目のボールをHR 2回の裏にも同じく石井にタイムリーを打たれ3−0 初回から阪神先制される (頑張れ〜下さん!) その後、粘りをみせる下柳投手に5回に打線が援護する! ランナー2、3塁で関本に2塁打が飛び出しランナー二人が戻り3−2 (いいぞぉ〜健太郎\(^... [Read More]

Tracked on Jul 01, 2005 at 09:48 PM

» 嗚呼、恐怖の滿壘男 [仙丈亭日乘]
横濱とのゲーム、こちら關西地方はかなりの雨が降つてゐたので、 中止だらうと思つてゐたら、豫想に反して開催されてゐた。 TVをつけたら、2囘の裏。 すでに1點先取されてゐた。 先發は下柳。 1點くらゐ、いまのタイガースにとつてはハンデをやつたやうなもんだ。 と、氣樂に構へてゐたら、たちまち2點追加されてしまつた。 しかし、5囘表。 肩の脱臼を直した關本の2點タイムリーと、肋骨にひびのはいつた赤星のタイムリー�... [Read More]

Tracked on Jul 01, 2005 at 10:30 PM

» ●4-5 雨のヨコハマ、桧山のバットも湿ったまま [旅は人生の道標]
雨がシトシトと降り続き、昨日までと変わって寒い 仕事を片付け、球場に着いた時には既に3回裏 スコアは0-3 うわぁー、今日は負け試合?と覚悟する 5回の表、一気の連打で同点 3-3 盛り上がるレフスタ!! 更なる雨に我慢出来ず、カッパを買いに行く と・・・!アニキ逆転HR!! 4-3 哀しすぎる事に売店のTVで見たよ(泣 しかし球場行くとほぼ必ずアニキのHR見てるで~! 直接見れなかったのは残念だけど、逆転で気分良く 席に戻ってきてタネダンス トラッキーが3匹重なっております(笑 タネダンスの魔... [Read More]

Tracked on Jul 02, 2005 at 12:29 AM

» 余裕で逆転のはずが・・・ [♪ジジの独り言♪]
前半に3点取られても余裕で追いつき 次は金本の逆転ホームラン。 こりゃ楽勝と思ったら、つまずいた。 しかたがないや。146勝出来ないからな。 切り替えて明日頑張ろう。 でも赤星君、肋骨にヒビか{/hiyo_oro/} 僕もやった事があるけど、なんせ寝返りが打てない。 くしゃみが一番響く。それと大便をきばるとまた痛かった。 医者には「日にち薬」と言われた。 気長に治しましょう。 それやのにスペンサー気をつけ... [Read More]

Tracked on Jul 02, 2005 at 02:53 AM

« 早くエーヌから脱却しろ  | Main | 試合時間が‘2時間台’っていつ以来? »