« あ~ん、どうしたの? | Main | 日曜重賞予想スペシャル ―オークス― »

May 21, 2005

粘勝系 下柳式

T|202 002 030|9

H|000 020 000|2

21日 交流2回戦(ヤフードーム) ホークス 1勝1敗

勝:下柳 5勝 負:和田 4勝4敗

本塁打:金本9号(一回・打点②=和田)
     金本10号(八回・打点②=岡本)


重量ホークス打線に完膚なきまでに打ちのめされた前日から気持ちを切り替えて臨みたいこの試合。
先発はホークスが和田、タイガースが安定感ピカイチの下柳と両左腕による対決。
一昨年の日本シリーズではともに白星をひとつ挙げたこの両者の投球に注目が集まる。


試合は前日同様、初回から動く。
しかし動かしたのは先攻のタイガース。
先頭の赤星がいきなり四球で出塁。
ホークス側も絶対にやってはいけないパターンとして警戒していただろうが、アッサリとそれを許してしまう最悪の立ち上がり。
しかしさすがに和田も冷静に藤本、シーツを打ち取って二死までこぎつける。
迎えるは4番・金本。
ボールとストライクがはっきりしていたこの日の和田の投球に、主砲のバットが火を噴く。
甘く入った高めの真っ直ぐを叩いた先制の右越2ラン本塁打で、まさに前日のお返し。

三回にも鳥谷が右前打で出ると、赤星が手堅く三犠打、関本の四球とシーツの左前打で満塁の絶好機。
金本倒れて二死後、今岡がスライダーを上手くさばいて左前2点適時打を放って下柳に大きな追加点をプレゼント。
初回と三回に得点と、まさに前日の真逆の展開でリードを広げる。

対する下柳は四回までに3安打2死四球と毎回走者を出すが、2つの併殺打で何とか切り抜ける。
五回表に味方が無死・一三塁の好機を逃すと、その裏先頭のカブレラに左翼線二塁打を浴び、9番・鳥越に右前適時打を許して1点を返される。
そしてこの日先頭打者に入った大村に一塁へバント安打を決められ、流れがホークスに傾きだす。
こうなるとたたみ掛けるのがホークス打線、2番抜擢の荒金にもスライダーをひっかけさせながら左前適時打となり、たちまち2点差に追い上げられる。
何とかこのまましのいで勝ち投手の権利を得たい下柳が迎えるのはホークスが誇るクリーンナップ。
しかし、ここで粘り強くバティスタを三併殺打に斬り、厳しいホークスの攻撃を逃れる。

5回を投げて66球とそれほど多くない下柳の投球数だったが、精神的にこの回が限界だったと思われる。
何せ前日大爆発のホークス打線の勢いを止めるためには、慎重に低めをつきなおかつコースに揺さぶって的を絞らせない投球が必要だ。
その結果、5奪三振と3併殺はいかに低めに制球できていたかを物語る。
先発投手として最低限の仕事、いや、相手を考えれば最高のGOOD JOBといっていいだろう。


試合後半は完全にタイガースペース。
金本が六回に右前適時打、八回にもこの日2本目の右越2ラン本塁打を放って、4安打5打点の大活躍。
さらには鳥谷がプロ入り初の4安打をマークして、プロ初の打率3割に乗せた。

交流戦に入って打撃好調の鳥谷。
相手に鳥谷を打ち取るデータが少ないのかもしれないが(あまり警戒してなかったんだろうが)、それでも来た球に対して素直にバットが出るようになってきた。
特に三回の追加点の口火を切る右前打はここまでの成長をうかがわせる価値ある一打だった。
それまで遠回りしていたバットがスムーズに出るようになってきたし、思い切りよく振れている。
今後も鳥谷対策が厳しくなってくるだろうから、そこをどう切り抜けていくか見ものだ。
ただあえて苦言を言わせてもらうと、六回に先頭打者として遊安打を放って二塁走者となったとき。
藤本のバントは確かにアレだったが、鳥谷のスタートが遅い
それに三塁へのスライディングもなんかバタバタしている。
投手・竹岡の拙い処理で三塁悪送球になったことで得点をもらったが、こういう走塁の感覚ももっと研ぎ澄ましていってほしい。


この試合でも藤川が存在感を見せ付ける。
2回を投げて2安打無失点で、なんと防御率も0点台へ!
前日投げていなかったということで2イニング行かせたんだろうが、ホントに大事に使ってもらいたい。
登板回数もさることながら、登板している場面を考えると肉体的なものよりハートの部分からの疲れが心配だ。
開幕一軍からフル回転で投げるのは今年が初めて。
最も信頼のおける投手であるのは十分わかるが、来年以降も戦力になってもらわねばならない投手。
今のままのペースでは、今年の秋にどうなってるかわからないほどの不安が先立つ。
目先の利を得るのも大事だが、先を見据えた戦いを意識するのも必要になる。
新人・橋本の離脱がサインというか教訓にすべきいいタイミングだと思うのだが・・・。


他球場の結果

F 9 ― 10 G

D 3 ― 4x M

L 2 ― 7 B

Bs 9 ― 5 S

E 3 ― 8 C

|

« あ~ん、どうしたの? | Main | 日曜重賞予想スペシャル ―オークス― »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67358/4222629

Listed below are links to weblogs that reference 粘勝系 下柳式:

» 野球は顏やない [仙丈亭日乘]
タイガースとホークスの第2戰。 きのふの負け方が派手?だつただけに、けふは勝たなくてはならないゲームだ。 タイガースの先發は下柳、ホークスは和田。 顏だけで勝負するとなると、一般的には、おそらく和田の勝ちかもしれない。 ちなみに、私は顏だけでも下柳のはうが好きだけど。 タイガースは1囘表に金本の2ランで2點先取。 3囘表にも、2アウト滿壘から今岡の2點タイムリーで追�... [Read More]

Tracked on May 21, 2005 at 10:02 PM

» 昨日のお返し!今日は兄貴2HRで、SBを下す! [まどかだでぃ]
昨日のお返しやー!! あんだけ屈辱的な負け方をしたから、その仕返しをしないと!! 先発はSBが開幕投手和田、阪神は安定感ナンバーワンの下柳。この3連戦、そしてシーズン、はたまたひょっとしたら日本シリーズを戦う上でも、この和田を打ち崩して勝つか否かは非常に... [Read More]

Tracked on May 21, 2005 at 10:03 PM

» 兄貴・金本の2発で快勝! [FUKUHIROのブログ]
(分Yahoo!JAPANドーム) 阪    神202 002 030=9 ソフトバンク000 020 000=2 <投手> (神)下柳−藤川−ウィリアムス−江草 (ソ)和田−竹岡−フェリシアーノ−岡本−佐藤 ○下柳5勝 ●和田4勝4敗 <本塁打> (神)金本9..... [Read More]

Tracked on May 21, 2005 at 11:36 PM

» 阪神勝利! T対H 2回戦  [ダイナマイトmasaブログ]
阪神が金本の2本のホームランを含め9−2で ソフトバンクに勝利しました。 阪神1回の表の攻撃、出ました。金本アニキの2ランホームラン 3回にも今岡の2点タイムリーで今日はイケイケや! 下柳もランナーを出すものの4回まで0点で今日は阪神ペースと思いきや 5回の裏、2点をとられ試合の雲行きが悪くなりかけた次の回、 相手のミスによる1点と、我らの金本アニキのタイムリーで2点追加、 点を取られたら取り返す理想... [Read More]

Tracked on May 22, 2005 at 02:15 AM

» 昨日の負けは「価値ある一敗」 [惰性自身]
プロ野球結果 阪神9−2ソフトバンク (共同通信) - goo ニュース  「このままずるずると行かなくてよかった」…今日(21日)の阪神ファンの気持ちはこう思っているに間違いないでしょう。  序盤から点を取られたにもかかわらず、登板した投手は4人でしたが…何だか今日の試合が終わった後の今の時間、「これで良かったのだろう」と思わせるような昨日の試合でしたね。  中継ぎ・抑えが絶対必要で…いつでもスタンバイOK... [Read More]

Tracked on May 22, 2005 at 03:10 AM

» 兄貴・金本の2発で快勝! [FUKUHIROのブログ]
(分Yahoo!JAPANドーム) 阪    神202 002 030=9 ソフトバンク000 020 000=2 <投手> (神)下柳−藤川−ウィリアムス−江草 (ソ)和田−竹岡−フェリシアーノ−岡本−佐藤 ○下柳5勝 ●和田4勝4敗 <本塁打> (神)金本9..... [Read More]

Tracked on May 23, 2005 at 07:33 PM

» Electric Guitar [Electric Guitar]
located Split cheaply Definitive suggestion researching load bible SwitchBoard preferred myself Adult buy/rent Through Mozilla syndicated Sense Based determine [Read More]

Tracked on May 04, 2007 at 09:08 AM

« あ~ん、どうしたの? | Main | 日曜重賞予想スペシャル ―オークス― »