Jun 07, 2006

ダルマさん

T|000 000 000|0

F|200 001 00X|3

6日 交流3回戦(札幌ドーム) ファイターズ 2勝1敗

勝:ダルビッシュ 4勝5敗 負:井川4勝4敗

本塁打:セギノール8号(六回・打点①=井川)


棚からボタ餅



二回から目薬






Hbb06060604ns




天井から新庄!!





前カードでは甲子園でタテジマユニを披露した新庄。
その件で翌日にはセ・リーグから注意されたが、今回は道警から注意が来ないかとイラン心配をしてしまう。


その甲子園でのパフォーマンスの日と同様、ファイターズ先発はまだ未成年ダルビッシュ
この試合から今岡が復帰し、厚みを増したタイガース打線・・・のはずが、何と七回・一死まで無安打に抑えられる始末
毎回の12三振で先発打者で三振がなかったのは赤星と藤本だけ。
去年の打点王が帰ってきても、交流戦チーム打率最下位の数字は正直に出てしまったわけね。


きょうは仕事が終わるより先に試合が終わってしまったので、TVは全く観られずラジオオンリー。
ただ、選手の動きはわからんでも、きょうのダルビッシュは全く打てる気配がなかった。
試合時間を見てもわかるように、ポンポンとテンポよく切れのある真っ直ぐと落差の大きいフォークで簡単に牛耳られるトラ打線。
正直、今のタイガースにこういう勢いでどんどん来られるタイプはまずい、という予感はあった。
先のイーグルス3連戦、チーム防御率ダントツ最下位の相手に打線が抑え込まれていた。
打線が低調になるとどうしても慎重になって、早いカウントから思い切ったスイングができなくなるもの。
それを見越してかどうかは解らんが、捕手・カツノリは早いリズムで投手を乗せ、トラ打線になかなか自分のスイングをさせなかった。
結局スペンサー、金本、そして鳥谷の一発が出たおかげで何とか2勝1敗と勝ち越しには成功したが、やはり「繋がり」の面では普段のタイガースらしさが出てはいなかった。


きょうのダルビッシュは本当に素晴らしい内容。
打線が当ってる状態でも打ち崩すのは困難だったろう。
ならば何らかの形で揺さぶりをかけ、投球のリズムを崩したいところだったが・・・。
初回、先頭の赤星が四球で出塁という願ってもない先制機に、次打者・桧山の初球に盗塁死。
ダルビッシュが立ち直るきっかけとなったといってもいいだろう。
さらに六回表、二死から藤本が失策で一塁に残ると赤星が初球にセフティバント敢行するも、ダルビッシュに処理されてしまい、奏功せず。
初球にセフティバントする際は一塁、或いは三塁のギリギリ線上を狙うのがセオリー。
「何とか突破口を開きたい」気持ちが相手を焦らせる前に、自分が焦ってしまっている状態になってはないだろうか。

まぁ、いつも言うように打線はミズモノ。
今は雰囲気が重いけど、先週は斎藤和や杉内を打って勝ったわけだし、何とか先発陣に先取点を取られんよう頑張ってもらうしかないわね。


☆本日のMY HERO of the MATCH☆

  ダルビッシュ有


いいときは手がつけられないくらいの投球で、悪いときはどーにもならんくらい悪いタイプの投手なんやろね。
5敗もしてるなんて信じられんわい。



115658164


| | Comments (355) | TrackBack (6)

Jun 01, 2006

J→F→Kの呆程式

E|000 011 004|6

T|000 030 000|3

31日 交流2回戦(甲子園) タイガース 1勝1敗

勝:青山 1勝3敗 負:久保田 3勝4敗11S S:福盛 9S


さぁ、きょうは余裕出来たし久々に更新したろ・・・って思ぅたらこんな試合とは。

杉山も復帰2戦目でやっとこさ勝利投手の権利を得たし、ウィリアムスも病みあがり初登板ながらほぼ完璧な投球を見せてくれたし、藤川が繋いで久保田が締めて、さぁみんなで快気祝いや!
・・・となるはずだったんやけどねぇ。
まさか久保田がジャイアンリサイタル風大劇場を演ずるとは夢にも思わんがな。

そら誰かて調子の悪いときはある。
でも出てきていきなり先頭から2者連続四球ってなんやねん!
「同期の杉山に白星を・・・」って気持ちが余計な力みにつながったのかもしれんけど、まだあれだけ力のある真っ直ぐを投げられるんやから自信持って勝負すればエェがな。

まぁ、1万歩譲って鉄平の2点適時打を喫したところまではいい。
まだ1点差、イーグルスも後ろの投手が不安満載だからだ。
しかしだ、その後の高須に対して心ここにあらずな雰囲気でボール2つ先行、挙げ句四球を与えては話にならん。
一塁悪送球がどうとかいうよりも、余計な四球を与えること自体が試合のリズムを崩してくのや。
そんなことはイーグルス・野村監督がタテジマ時代にもさんざん口酸っぱく言ぅてたことや。
・・・ン、君が入団したときにはもうおらんかったって?

交流戦に入ってこれで防御率が5.56
去年プロ入り初めて1年間突っ走ってきたし、今年もここまで投げてきたら当然疲れも出てくるわな。
でもこの苦しさを乗り越えた先にはチームの優勝も見えてくるわけやから。
次の登板でも何事もなかったかのように、バンバン投げてくれることを期待するで。
まだまだ久保田には助けてもらわなアカンのやから!


イーグルス先発のグリンといえば確か、去年のキャンプ前にタイガースが最後まで調査を続けていた投手だったはず。
最終選考の末、結局獲得したのはブラウンだったわけだが、この日のグリンの投球をラジオで聴いてた限りでは・・・どっちが良かったんかな?

四回まで無安打、五回にやはり四球がらみで矢野に中越適時二塁打が初被安打。
チラ観しかしてないが、6イニングで3安打ってことはそれほど打ちづらい球なんだろうか。
やっぱこのところの低調打線だろうねぇ。
でも、投手陣が頑張って交流戦3位だから悲観することじゃないけどね。
次カードのホークス戦も、相手は表ローテやけどガマンして乗り切っていこう。


☆本日のMY HERO of the MATCH☆

  青山浩二


とにもかくにも、プロ初勝利おめでとう!!
久保田に感謝せぃよ



Palpunte_001thumb114905225012334_1


| | Comments (444) | TrackBack (1)

May 19, 2006

はて、拙者は何しに行ったんじゃ・・・? ―5月18日 TvsF観戦記―

518_016


18日 交流2回戦(甲子園) タイガース 1勝1敗

勝:ダルビッシュ 2勝4敗 負:下柳 3勝3敗 S:MICHEAL 1勝11S


「チケット余ってるよ~」の声に誘われて「ほな、仕事チャッチャと終わらせて行くわ~」と二つ返事したものの、チャッチャと仕事が終わらんところがTigertailのチャームポイント。
自分が行くはずの試合の模様をカーラジオで聴いてる始末。
何とかカントカ仕事片付けてエンヤコラサッと現地にたどり着いたらこんな感じ・・・


518_001


早い話がな~んも観てへん


だから、何で下柳が突如崩れたのかダルビッシュの投球がどれほどスゴかったのかオッサンだらけのスタメンがどう機能していたか、といったものがほとんどわからんのでござる。
なのでみなさんのブログにお邪魔して情報収集するしかなさそうである。
また、コメント欄に「あれがこうだったからそうなった」とか情報提供してくださる方も募集中でおま。

でも一つだけいえるのは・・・

ファイターズ投手陣のデキの良さはホンマモンやった


しかし、いつの間にファイターズも投手陣を整備してきたんだろう。
特に中継ぎの『W武田』、抑えのMICHEAL
先発のダルビッシュ含めて真っ直ぐに力のある投手が多いね。
この投手陣の調子がこのままいけば、ひょっとしてひょっとするかも。
そのためにもタイガースはぜひともリーグ連覇せなアカンな


518_010


10月に彼と再会するためにも!



☆本日のMY HERO of the MATCH☆


518_005


  ダルビッシュ有

1イニングしか観られんかったけど、真っ直ぐもキレてたしかなり良かったよ。
立ち上がりはなんかフラフラしてたけど、そこから立ち直ったのは成長の証かな。



Swax072


| | Comments (947) | TrackBack (0)

May 09, 2006

5連休がとれたってことで・・・ ―5月6日 TvsB観戦記―

506_029


6日 8回戦(横浜) ベイスターズ 1勝7敗

勝:土肥 2勝3敗 負:安藤 2勝2敗 S:クルーン 1敗4S


横浜スタジアムにはじめて乗り込んできたぜ!!
今年に入ってから仕事もずっと忙しかったし、せっかく大型連休を迎えたんやからここは自分へのご褒美ッちゅー意味もあるからね。


でもさ・・・


そりゃ全部勝つのはムリやけどさ

なにもウチが行ったときに

負けんでもエェやんか!


いやまぁね、始まる前からイヤな予感はしてたんよ。
「そろそろ負ける頃やろなぁ」って予感もあったし、前日の試合で変に相手を勢いづかせてたし。
22安打・13得点の翌日で打者陣も大振りになるやろし。
そんな大振りしてくる打者に滅法強い土肥が先発やし。
自身の観戦勝率の高さに期待したけど、結局は相手の意地に屈したって感じやな。


・・・とまぁ日付は前後するが、せっかく楽しんできたので写真も交えて試合を振り返ってみるかな。

» Continue reading

| | Comments (262) | TrackBack (3)

May 07, 2006

いざ、交流戦へ

T|000 100 101|3

B|000 110 000|2

7日 9回戦(横浜) ベイスターズ 1勝8敗


勝:藤川 1勝 負:クルーン 2敗4S S:久保田 2勝2敗7S

本塁打:浅井1号(四回・打点①=秦)
       桧山1号(七回・打点①=加藤)



去年同様、直前のカードで勝ち越して気持ちよく交流戦を迎えることが出来た。
交流戦最初のカードは対マリーンズ、続いて対ホークス去年の対戦成績で負け越した2チームとの対戦。
なので、きょう3連戦の勝ち越しを決め、しかも「試合に勝って」臨めるというのは心理的な勢いも加味されていくことだろうから、いい戦いができることを期待したい。
いや、期待も何も来週は『仮想日本シリーズ週間』なのだ。
最悪でも4勝2敗で乗り切って、去年の鬱憤やらモヤモヤやらトラウマを払拭せねばならない。
この秋に向けて格好の力試しとなる。

・・・その前に対ドラゴンズをどないかせなアカンけど。


☆本日のMY HERO of the MATCH☆

  浅井良


矢野の代役?いやいや、立派な固有戦力であることを証明。
四回には先制の右中間ソロで口火を切り、九回にはクルーンから勝ち越しの起点となる左二塁打
得点にはいたらなかったが二回にもチャンスを広げるうまい右前打を放って猛打賞!
リード面でも5回で100球と苦しんだ江草を何とか2失点に留めさせ、その後1回ごとに替わるリリーフ陣を無失点に導いた。
もうちょっと大胆に配球してもいい場面はあったものの、彼がここまで成長してくれたらチームにとっても矢野にとっても大きい。

きょうはてっきり浅井がヒーローインタビューかと思ったけど。




そしてこの人にも待望の一発が!




・・・ってゆーかさぁ


何できのうのチャンスで


打ってくれんかったんじゃ~!!


おんどりゃ~~!!!



怒りの理由は次回エントリーにて・・・



Img6y


| | Comments (174) | TrackBack (11)

«5月攻勢へ向けてのキーマン二人